めっけもん通信 ~群馬・栃木・茨城のネタを発信~

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めっけもん通信 ~群馬・栃木・茨城のネタを発信~

魅力の無い県密集地帯の北関東(群馬・栃木・茨城)を中心としたネタをゆる~く不定期更新!! 北関東の魅力をめっけよう★

【北関東】春の花まつり ~花の写真だよ~

こんにちは。久々の更新です!
 
いや~最近は色々と時間に追われ更新出来ませんでした。。。
 
ってことで今回は軽めの記事になります。
 
今回は春ということで
「北関東 春の花まつり
という企画です。
 
「パンまつり」じゃないですよ(笑)
 
今まで管理人が撮影したお花の写真を貼り付けるだけの内容です。
(ラクしているとか言わないでね)
 
お花の写真を撮影するなんて年配者だけかと若いときは思っていましたが、今じゃ撮りまくってますよ!
いや~お花って癒やされますね。
 
では早速、お花まつり開催です!
 
撮影時期は2014~2017年でどれも4月のみとなります。
 
 

春のお花まつり

①栃木県壬生町 「壬生町総合公園」

f:id:mekkemon-com:20170412193039j:plain

 

f:id:mekkemon-com:20170412193103j:plain

 
 
②栃木県足利市 「織姫神社

f:id:mekkemon-com:20170412193131j:plain

 

f:id:mekkemon-com:20170412193154j:plain

 
 
③栃木県足利市 「ココ・ファーム・ワイナリー」

f:id:mekkemon-com:20170412193217j:plain

 
 

f:id:mekkemon-com:20170412193242j:plain

 

f:id:mekkemon-com:20170412193304j:plain

 

f:id:mekkemon-com:20170412193330j:plain

 
 
茨城県大洗町 「磯前神社」

f:id:mekkemon-com:20170412193352j:plain

 
 
と少ないですけどこんな感じです! 
 
特に群馬県前橋市の「赤城南面千本桜」はオススメですよ!
 
場所が赤城山の麓のため平野部の桜より少し遅れて開花します。
そのため、平野部での桜を堪能してからの赤城南面千本桜という長期間桜を楽しむことができるんですよ!
 
管理人は行きたいのですが時間がとれるかどうか。。。
もし行けたらレポートします!
 
4月中旬までは楽しめるので、よかったら行ってみてくださいね!
 
 

【北関東(群馬)】北関東 田舎写真シリーズ その12

北関東田舎写真シリーズとは管理人が「この風景北関東っぽいな~」とか「田舎さでてる~」って思いながら撮った写真をただ掲載するだけのシリーズです。
ちなみに不定期更新です(笑)
 
この写真を見てあなたの故郷・故郷にいるご両親のことを感じて下さい(笑)
 
※注意
スマートフォンで撮った写真なので綺麗さとか画質とかは大したことないです。
いつかはカッチョイイカメラで撮りたいです(笑)
 
【春めいてきた田んぼ】
撮影場所:群馬県前橋市

f:id:mekkemon-com:20170330162830j:plain

 
■撮影理由
農道を走っていたら田んぼに春を感じたので撮影
 
 
 
 
 

【栃木】おすすめグルメシリーズ6 「割烹 恵比寿家」

今回ご紹介するおすすめグルメシリーズのお店は
栃木県日光市にある「元祖 日光ゆば料理 割烹 恵比寿家」です!
 
そうです!
日光といったらゆば料理!
 
日光名物のゆば料理が楽しめるお店です。
しかも日光の中でも老舗のゆば料理屋さんになります!
 
レポートの前に日光ゆばについて調査しました!
 

日光のゆばの特徴について

まず、ゆば料理で一番有名なのは京都になります。
これはご存じの方も多いはず。
 
比叡山天台宗総本山の延暦寺に伝わり、精進料理の一つとして広がっていきました。
では、京都のゆばと日光のゆばに違いはあるのかというと。。。
 
あるんです!!
 
・ここが違うぞ その1
漢字が違うんです!
京都のゆばは湯葉、日光のゆばは「湯波」になります。
 
なぜ2つの漢字が存在するのかというと!
次のその2に続きます。
 
・ここが違うぞ その2
膜の引き上げ方が違うんです!
 
ゆばは豆乳を煮詰めて表面に出来た膜を引き上げて作ります。
グルメ番組でも膜を引き上げているシーンがあったりしますよね。
 
京都の湯葉では一重で引き上げたものになり、日光の湯波では二重で引き上げたものになります。
 
二重で引き上げるというのは膜の中央に串を入れて二つ折りになるように引き上げるということです。
 
そして、このことから~次へ
 
・ここが違うぞ その3
ボリューム感が違うんです!
 
日光の湯波は二重で引き上げることから厚みがありボリューム感が出ます。
京都の湯葉より食べごたえがあることになりますね。
 
ゆばの知識をつけたところでレポートです!
 
 

おすすめグルメレポート

3月某日、本格的なゆばが食べたくなり調査すると「割烹 恵比寿家」が良いと聞いたので事前に予約しました。
 
そして、3月某日の日曜日「割烹 恵比寿家」へ!
 
日光宇都宮道路 日光ICから国道119号に出て日光東照宮方面に約5分ほど走ります。
すると左手に見えてくるのですが。。。
 
大きい看板など無く、小さな白い看板があるだけで見落としやすいです。
そのため素通りする方も多いみたいです。
 
ナビや事前のGoogleマップ調査はしておいたほうがいいですね。
 
駐車場は2ヶ所あり、お店正面駐車場か庭の駐車場のどちらかに駐車できます。
2ヶ所で10台くらいは駐車できると思います。
 
でも、ちょっと狭いので注意が必要ですよ!
 
私は庭の駐車場に停めたのですが、そしたら店員さんがお店の窓から登場!
 
店員さん「ご予約のお客様ですか~?」
ジジ丸「そうです!12時半に予約したジジ丸ですけど」
店員さん「わかりましたー案内しますので玄関へどーぞー」
ジジ丸「はーい」
 
そして玄関へ

f:id:mekkemon-com:20170325005335j:plain

 
中に入ると先程の店員さんがお出迎え!
靴を脱いでスリッパに履き替え案内されます。
 
案内されるのですが、店内が昭和の旅館みたくちょっとした段差があったり、休憩所があったりと不思議な感覚です。
 

f:id:mekkemon-com:20170325005428j:plain

 

f:id:mekkemon-com:20170325005505j:plain

 

f:id:mekkemon-com:20170325005539j:plain

 
そして案内されたのは、旅館の宴会場のようなところでした。
 

f:id:mekkemon-com:20170325005607j:plain

 
ひ、広い!
 

f:id:mekkemon-com:20170325005637j:plain

 
席につくと店員さんからメニューの説明を聞いてお茶を入れてくれました。
 
しかも、お茶が急須に入れて用意してくれるという、もうここ旅館で泊まれるんだろって思いました(笑)
 
メニューを拝見!
 

f:id:mekkemon-com:20170325005724j:plain

 
A・B・Cってめっちゃシンプル!
これくらいのほうが迷わず注文できます(笑)
 
私はBコースを注文しました。
だって本場のゆばのおさしみが食べたいんだもん。
 
・Bコース 3,520円(サービス料込・税込)
 
内容は
・揚巻ゆばの野菜あんかけ
・生ひきあげゆばのさしみ
・揚巻ゆばと里芋のゆず味噌田楽
・平ゆばと野菜の天ぷら
・お吸い物
・ご飯
・香の物
・デザート(日によってかわるようです)
 
さすが、ゆば料理お値段は想像していたとおりでした。
 
ただ、聞いたところによると日光ゆばのコース料理は5,000円~1万円はするとのこと。
しかも、1万円前後のコース料理はゆば以外ににも和牛や魚料理などがつくことがあるそうです。
 
そして、数分待つと料理が運ばれてきました。
 

f:id:mekkemon-com:20170325005828j:plain

 

f:id:mekkemon-com:20170325005901j:plain

・揚巻ゆばの野菜あんかけ
・生ひきあげゆばのさしみ
・揚巻ゆばと里芋のゆず味噌田楽(この日は揚巻ゆばとがんもでした)
 

f:id:mekkemon-com:20170325005935j:plain

 

f:id:mekkemon-com:20170325010007j:plain

・平ゆばと野菜の天ぷら
・お吸い物
・ご飯
・香の物
 
それでは
いただきます!
 
まずは、田楽・野菜のあんかけ・ゆばのさしみを頂きます!
 
田楽と野菜のあんかけの揚巻ゆばはボリューム感がありジューシーです!
日光ゆばの二重引き上げの特徴が揚巻ゆばと合わさってボリューム感を増しているような気がします。
 
そして、楽しみにしていたゆばのおさしみです!
シソの実を醤油皿に入れて、わさびと一緒にいただきます!
 
うん!これは美味い!!
 
トロッとした舌触りでクリーミー、そしてわさびとシソの実のアクセントが良い!
ゆばさし最高!!
 
ハイ。次ですね。。。
 
平ゆばの天ぷらをいただきます!
 
うん!これも美味い!
パリッとしてて食感が最高です!
 
最後はデザートの豆乳プリンをいただきました。

f:id:mekkemon-com:20170325010105j:plain

 
その後、すこしまったりしてお店を出ました。
 
 

まとめ

はじめて本格的なゆば料理を堪能しました。
はじめてという事もありゆば料理の値段に関しては高いのか安いのか、これだけでは判断できないかなと思いました。
 
色んなお店の料理を食べてから判断したほうがいいかと思っています。
 
料理については個人的にゆばのおさしみを楽しみにしていたので満足できました。
 
ゆばのおさしみはもう一度食べたいですな~!
 
「恵比寿家」の料理の特徴としてはゆばと野菜のみ!
となっています。
 
これぞ精進料理です!
お肉・お魚がないせいか野菜の天ぷらを食べた時は野菜が非常に美味しく感じました。
 
そのため子供には物足りない料理になると思います。
来店しているお客さんの殆どが年配の方や女性が多かったです。
 
それに値段もそれなりにしますので家族で訪れる場合は気になる点かと思います。
 
女性の知り合い同士で訪れるのがオススメですかね。
 
あっ!
帰る際にお客さんと店員さんがこんな事を話されていました。
 
お客さん「ここは海老屋さんですか?」
店員さん「あっ!海老屋さんはここじゃないですよ!」
 
調べると「海老屋」というゆば料理を提供しているお店があるみたいです。
店員さんの会話から「海老屋」と間違えて来店されるお客さんに慣れている感じでした。
 
日光にゆばを食べに行く際は間違えず事前調査をしてから行きましょう(゚∀゚)
 
 

概要

住所. 〒321-1403 栃木県日光市下鉢石町955
電話番号. 0288-54-0113
営業時間. 11:30~14:30
定休日. 火曜日
 

 

【北関東(群馬)】北関東 田舎写真シリーズ その11

北関東田舎写真シリーズとは管理人が「この風景北関東っぽいな~」とか「田舎さでてる~」って思いながら撮った写真をただ掲載するだけのシリーズです。
ちなみに不定期更新です(笑)
 
この写真を見てあなたの故郷・故郷にいるご両親のことを感じて下さい(笑)
 
※注意
スマートフォンで撮った写真なので綺麗さとか画質とかは大したことないです。
いつかはカッチョイイカメラで撮りたいです(笑)
 
【春先の梅田湖】
撮影場所:群馬県桐生市 梅田湖(うめだこ)

f:id:mekkemon-com:20170321181857j:plain

 
■撮影理由
去年、釣りに行った際に「のどかだな~」と思いなんとなく撮影
 
 

【栃木】おすすめスポットシリーズ⑤ 「日光ストロベリーパーク」

今回ご紹介するおすすめスポットは
栃木県日光市にある「日光ストロベリーパーク」です!
 
そうです!
栃木で今の時期といったら「いちご」ですよ!
 
栃木県人の水分の源のいちごですよー(笑)
ごめんなさい。。。うそです。。。
 
私、急にいちごをハンティングしたくなり色々調べた結果「日光ストロベリーパーク」にたどり着きました。
 
では「日光ストロベリーパーク」の簡単な説明を!
 
 

日光ストロベリーパークって?

日光では珍しいいちご農園になります。
日光で観光農園としてオープンして7年目になるそうです。
 
「日光ストロベリーパーク」では「30分食べ放題のいちご狩り」や「いちごの直売」「ジャムなどの加工品の販売」「栃木限定のいちご商品」を扱っている農園になります。
 
農園では高設栽培と土耕栽培の二種類のハウスで栽培しています。
・高設栽培とは地面より高い位置に棚を組みその棚で栽培する方法。
・土耕栽培とは皆さんよく見たことある土で栽培する方法。
 
栽培している品種はとちおとめ・紅ほっぺ・スカイベリー・やよいひめの4種類になります。
 
栽培のついて詳しく知りたい人はGoogle先生TOKIOさんに聞いて下さい(笑)
 
「30分食べ放題のいちご狩り」ではこのどちらかのハウスに案内されます。
 
オフィシャルホームページ引用
 
さてさてレポートです!
 
 

おすすめスポットレポート

2月某日スカイベリーのいちご狩りをしたくなり、Google先生に頼ります。
 
※スカイベリーとは
2011年に新品種として誕生したいちごです。
特徴は「とちおとめ」より大きく甘さと酸味がバランス良くジューシーで、栃木県の最上級のいちごとなっています。
 
そこで栃木県内でスカイベリー狩りをしている農園を調査し、私の日程と予約状況などを確認して「日光ストロベリーパーク」に決定!
 
その他の農園だと既に予約いっぱい。。。
特に小山市の「いちごの里」は人気すぎます。。。
 
そしてオフィシャルホームページから予約!
翌日には予約完了のご返答が届きました。
 
※殆どの農園が事前予約になると思うの注意ですよ!
 
でも予約が出来たからって安心出来ません!
 
実は食べ放題が出来る品種はその時期や混雑状況によって変わるそうです。
スカイベリーが食べられることを願いました(笑)
 
そして3月某日の日曜日、14時30分ごろ伺いました。
「日光ストロベリーパーク」は日光宇都宮道路 今市ICを降り国道461号線を目指すと10分ほどで到着します。
 
周辺は田畑が広がっていて見通しがいいのでわかりやすいと思います。
 
駐車場から男体山が見えます

f:id:mekkemon-com:20170316223207j:plain

 

f:id:mekkemon-com:20170316223244j:plain

 
駐車場は約60台ほど駐車できます。
 
ショップ内で受付を済ませます。

f:id:mekkemon-com:20170316223321j:plain

 
ここでちょっとした出来事が
ジジ丸「あのー14時半に予約したジジ丸です。」
店員さん「14時半ですねー(予約帳をペラペラ)」
店員さん「あれーどこかなー」
ジジ丸「…(まさか予約ミスったか!)」
店員さん「えーっと(予約帳をペラペラ)」
ジジ丸「あっ!予約時のメール確認しますね(スマホメーラーを確認 日程あっとるやんけ)」
店員さん「あーごめんなさいね、じゃーこちらのチケットもってハウスへどうぞ」
ジジ丸「(よかったー)」
 
料金を払ってハウスへ
 
●料金
30分食べ放題 1,700円(税込)
 
※料金は時期によって変わってきます。
●12月10日~3月31日
大人…1,700円(税込)
小人…1,200円(税込)
 
●4月1日~5月6日
大人…1,600円(税込)
小人…1,100円(税込)
 
●5月7日~6月上旬
大人…1,500円(税込)
小人…1,000円(税込)
※3歳未満は無料
 
ハウス外観

f:id:mekkemon-com:20170316223415j:plain

 
ハウス内に入ると凄く暖かく上着を着ていると暑いです。
 
店員さんから説明を聞いてハンティングできる場所まで案内されます。
なんと案内された場所は土耕栽培のスカイベリー!!
 
スカイベリーキター!
 
ハウス内

f:id:mekkemon-com:20170316223506j:plain

 
ハウス内には上着を掛けられるハンガーとその下には荷物置きが設置されています。
 
上着をハンガーに掛け練乳の入った容器を受け取り、いざハンティング開始です!!
 
あっ!練乳は無料ですよ!
 
練乳とティッシュ

f:id:mekkemon-com:20170316223545j:plain

 
ウェットティッシュもあるので汚れても安心です!
 

f:id:mekkemon-com:20170316223621j:plain

 

f:id:mekkemon-com:20170316223656j:plain

 

f:id:mekkemon-com:20170316223815j:plain

 

f:id:mekkemon-com:20170316223739j:plain

 
念願のスカイベリーのためテンション上がります!
 
大きいいちごをつみ取っていただきます!
 

f:id:mekkemon-com:20170316224124j:plain

 
うひょー!美味!
甘いけどあとから酸味がくるジューシーないちごです!
 
はじめは練乳つけていましたけど個人的に練乳つけないほうが好みだったので、後半は練乳なしで食べました。
 
大きいいちごがあると狩って食うの繰り返し、何粒取ったかは不明です(笑)
 
30分もあっという間に過ぎ、終了のお知らせに店員さんが来るのかなと思ったら来ず。。。
 
あれれ。。。
これは勝手にハウスから出ちゃっていいのかな。。。
 
タイマーとかあればいいのになー、あまり気にしていないのかな(笑)
 
そんな事を思いながらお腹パンパンでハウスを出ました。
 
 

ちょっとしたポイント

ハウス内は暑いぞ
この時期と日光という土地から厚着をすることが多いと思います。
私もそうでした。。。
 
その結果、汗をかきながらいちご狩りをすることになりました。
 
ハウス内にはハンガーが設置されているので上着だけ脱げばいい人は問題ないと思いますが、何枚も重ね着している人は予め車内で脱いだほうがいいかもしれませんね。
 
②ハンドタオルとポケットウェットティッシュがあると便利
ハウス内にはティッシュやウェットティッシュが設置されていますが、設置されている場所が限られているため、いちご狩りをしている最中にウエットティッシュを取りに行くというのは意外と大変です。
 
なので、ポケットウェットティッシュがあるとその場で汚れをふけるので時間をロスせず食べ放題に集中できというわけです。
 
また手洗い場もあるためハンドタオルがあると便利ですよ。
 
③お子様連れでも安心!
小さなお子様やベビーカーがあっても事前予約でその旨を伝えると高設栽培に案内されます。
高設栽培なら立ったままいちご狩りができるのでベビーカーやお子様連れのお母さんにとっては安心ですよ。
ただ、混雑状況によっては案内されない場合もありますので事前にお問合せしたほうがいいと思います。
 
 

まとめ

人生ではじめていちご狩りを経験しましたが、楽しく食べるのに夢中であっという間の30分でした。
 
スカイベリーはとちおとめより大きくジューシーないちごで美味しかったです。
酸味好きの人はとちおとめの方がいいかもしれませんね。
 
私はどっちも好きです(笑)
 
あまーいのも好きだし酸味があるのも好きです!
でも、酸味が強すぎるのは苦手かな~。。。
(こいつは何を言っているんだ)
 
「日光ストロベリーパーク」には観光バスできた団体さんからお子様連れの家族・若いカップルと幅広い人達が訪れていました。
 
いちご狩りは観光や家族旅行・デートと老若男女にオススメできるスポットだということが改めて感じました。
 
いちご狩りは6月上旬までできますので、春の行楽シーズンに行ってみてはいかがでしょうか。
 
あっ!定員が埋まることがあるので早めに予約してくださいね!
 
 

概要

住所. 〒321-2405 栃木県日光市芹沼3581
電話番号. 0288-22-0615
営業時間. 10:00~16:00(15時30分最終受付)
定休日. 火曜日(6月~11月はシーズンオフ)